コンサルティングをしないコンサルタント

コンサルティング、営業、提案、などをいろいろするのがコンサルティング、私はコンサルタント、しかし、コンサルタントではない場合もあり。

投資情報

Posted by bloggerjin : 7月 29, 2008

しかし (彼堪えられなくて長兄グラム希望するなんじ(あの、その)規模の制限彼に(で)と私たち絶対多数の人投資環境の中に仕事彼ことができる買う少しの何株券ね(か) )か?
年度なんじ(あの、その)会社に希望するこの月早少しの時長兄のグラムの会議のうえに、ある人は”奥深い馬の哈の神は注ぐ注を知らせ訳す”:香ばしくて特にあだな”この考えの筋道に従って問題を提出した”に近寄(へばりつく)る。
(一名投資者聞く彼ただ(個)有数百の万ドル需要対処する )、長兄のグラムはなんじ(あの、その)の投資がどんながあるに希望すること違う、(近寄(へばりつく)る香ばし特に答え話大部分機会に(で)小さい会社の株券ことができる真ん中 )、あるいは悲観の証券市場の環境其中。
(この提案わたしに譲り始め思索するであるかどうか一部の小さい会社の株券からわたしことができるとして近寄(へばりつく)る香ばしわざわざ基礎の”達人の策略”の中に才能が完全に現れる一つによりわたし細かく磨る差し出模倣近寄(へばりつく)る香ばし特に方法のコンピュータの模型。
わたしは確信する、わたしは模型が幾つかの小値の会社と幾つかのに小さくての中等市の値にかたよる会社が中が高い分を打つ発見する。
得点の特別で高い一本株券は陸の星のシステムの会社です、そのがほとけにある鳥を捕らえる綱の中がむかしの行政区のジャッキに達するのはたもつがなんじ(あの、その)に謙遜する、専門化の運輸と後方勤務を提供するサービスは主にトラックの運輸が広く展開することが完全無欠であるですことです、
カナダとメキシコとその他の国家がまだある。
陸の星の会社の市は 28.5憶ドルに(ために)値打ちがある、抱有数の項目”(近寄(へばりつく)る香ばし特に式 )”の質。
真っ先に、以前 10年毎年会社の毎ももに(で)真ん中は増加すること全て中に利潤を獲得する、0.39ドルから 1.99ドル至るまで増加する。
(これです近寄(へばりつく)る香ばし特に方法の肝要所在 )。
彼はまっすぐ穏当差し向けることです、それら(あれら)がことができる予想する会社を利潤を獲得するが好きです、そして 10年を連続する毎ももの利潤が増加するのはもうあなた一番ことができる予想する株券です。
(近寄(へばりつく)る香ばし特にねらいをつける優秀そして穏当な目標株券の、ロ、ォ、ヒ一つ方法です観察の債務 )。
(わたしとして近寄(へばりつく)る香ばしわざわざ基準の模型偏愛するそれら(あれら)ことができる産出するの十分な利潤 )、しかも (に(で)必要とする情況下の方ことができるに(で)二年の内完済する所有の債務の会社 )。
陸の星の会社の全部の債務は 1.242憶ドルです、そして毎年度の利潤は 1.092憶ドルです。
二年時間 (実際上ことができるに(で)来るそれ中を使ってする自分の利潤全部返済する全部の債務 )、これはまあまあい信号です。

Posted in Uncategorized | タグ: , , | Leave a Comment »

投資などについて

Posted by bloggerjin : 7月 29, 2008

一年余り市場を了解する基金を了解する分かる基金投資者証券市場したをするのは相場に上昇する、投資の熱情に起るのは高揚する、投資者は先を争って証券投資の基金を購買する、基金の規模の急速な拡大を招く、基金の資産の純価値の快速な増加。
今年 1月 12日を締め切る、基金の規模は 4586.88憶分から 6631.86憶分に増加した、44.58%に増加する;
基金の資産の純価値は 5579.18憶元から 9411.65憶元に増加した、68.69%に増加する;
基金の投資の資本市場の市に値が Aもも流通市の値の比重を占める 17.57%により 23.54%に昇られた。
基金の市場の多くて厚い投資の収益、投資の基金のたかまりに起る、発生のこの現象の原因は多方面です。
証券市場の健康で安定な発展ですと。
前なん年証券市場はぼんやりしている、ももの値段は引きついて下落する、少なくない株券の価格は過小評価される。
(につれて市場に出す会社株主の権利分置く改革と証券会社総合管理。「整理する大株主資金占用する和尚の市の会社の違のコンパスの保証などの基礎の性の制度建設順調に推進する )、鎚地固めに用いる道具の充実市場の運行の内在的な基礎、しだいに市場を解決した深階次の矛盾と構造性の問題の、市場の新しく作り出すこと を
促進した、市場の効率を引き上げた;
(我が国の経済まっすぐ保持する快速で安定発展する )、為替準備は急速に増える、人民元が切り上げ予想するの増強する、社会の暇は資金にあまること過多です。
これらの要素の綜合が影響することの下に、大部分の株券の価格の出現は上昇する、少し成長のかたをつむぎ優れている株券の価格は漲が幅の驚異的なです、投資はこれらの株券の基金に自然利益を得見る価値がある、基金の純価値は水が上がれば船も高くなる。
二は基金の投資のお金をもうけるの効果反応です。
2006年以来証の指数が暴騰することにあがる、今 A股市場第一大きい組織投資者の基金として収穫することアバタ容姿が立派です。
開放式の株券のかたの基金の収益率は 121.4%とする、そして長期が高く率にお金に換算したかつての間にある密封するが式が基金を通りすぎて行く、風向きを出尽くすでした去年、2006年其れの純価値の収益率は 106.49%に達する、市場価格 2005年 7月から 2007年初までは 230%を上昇した。
そして大部分の中小の投資者が株券と債券を直接購買するあるいは資金を銀行の収益と購買を預け入れよう基金の比べようものは低くてより多い。
だから、効果反応をお金をもうける基金はたくさん住民第一位で当選する投資産品物にならせる。
三は基金の職業が快速な健康の発展のよろしい形勢を保持したです。
中国の証が監視するの基金を促進するの同時職業発展厳格な監視管理を強めることができる、努力鎚地固めに用いる道具の実行業は基礎を発展する。
法規を完善にすうを経た後体系、日常の監視管理を強化する、積極的な推進の新しく作り出すこと、着実な歩調開放など措置を拡大する、全部の職種(職業)は初歩多元の競争の組み立てを形成した、(昇格基金管理する会社の競争の力 )。
(基金持つ集合の財テクと専門別管理と組み合わせ投資する。「分散する危険の優勢と特徴 )、特別このなん年我が国基金の職業は健康で安定発展する、基金の規模は絶えず拡大する、投資者に一つとても良い入るを提供した証券市場は我が国が経済成長の方式を分け合う。
しかし、基金の投資者にもたらす高額は復命する、幾つかの投資者も基金の影で投資リスクをゆるがせにした、あるひいては住宅などとして抵当に(ために)基金を金を貸し付け購買する、これでの基金に市場の健康で安定な発展はとても大きくてをもたらしたこと心に深く秘められた憂かったです。
たいへん多くて新しく市の投資者にはいるのは 2006年の基金が巨大な収益を獲得するを目に入る同時に、よく 2006年が収益の投資者を取得するをおろそかにした、(そのうちの相当多いに(で) 2004年と 2005年ひいては更に早い時間はいる市 )、彼らが長い間の投資を経験したもたらすのを損失したはと苦しみを酷く苦しむ。
だから、新しく市の基金にはいる投資者は知識を身につけ関連しているしなければならない、正確な財テクの思想を樹立する、分かる基金投資者をする。
証券投資を了解しよう基金ですと。
基金は基金の分け前を売るを経た後指さす、非常に多い投資者の資金を集まる、独立の財産を形成する、基金により人が信託統治されることを信託統治する、基金の管理人は管理する、(として投資する組み合わせの方法行う証券投資の一種利益共に享受する。「危険共にあす担う集合投資する方式 )。
それの主な機能は分散の投資です、ももの危険に何とかして逃げる、同時に投資の成果を分け合う。
(基金投資者によって其れ持つ基金の分け前いくら享受証券投資基金の収益 )、同時にも要する投資の欠損の危険を引き受ける。
証券投資の基金は銀行の貯蓄にとは違う、(も同じでなに債券 )、投資者の投資の証券投資の基金、もしも比較的高い収益を獲得する、もしも元金を損失する。
同類ではない基金を選択するのは違う危険を引き受けない、相応する収益を獲得する。
普通、収益を獲得すること大きい、引き受ける危険は大きい。
投資に照らして対象は違う、我が国の基金のが株券の基金と債券を分ける基金のは基金と貨幣市場基金などを混合すること基本類型です。
危険につい言えば、株券の基金の危険は最高です、基金のこれに次ぐを混合する、債券の基金と貨幣市場の基金は最低の。
投資に照らして信念は違う、(分けれる積極的であるかた基金と受け身 (指数)かた基金 )。
積極的であるかたの基金は一類が図ること基準を超越する表現の基金を組み合わせることです。
受け身のかたの基金の規范は積極的である超越が市場の表現を探し求め取得しない、複製の指数の表現を企む、しかも普通特定の指数を尾行の対象として選択する、だから通常また指数のかたの基金を呼ばれている。
比べる、積極的であるかたの基金のが受け身よりかたの基金の危険はより大きい、しかし取得する収益はより大きい。
普通、基金の業績の要素が 4個を主にあるを決定する。
第一、資産は配置する。
投資者の配置の中に株券の比例は高い、其れ引き受ける危険は高い、収益は大きい。
たとえば 2006年は市場の上昇する相場の中にある、(上海ふか 300 (2317.095,8.16,0.35% 2317.095,8.16,0.35%)指数上昇する 121.02% )、開放式の株券のかたの基金は 121.4%に上昇する、開放式がもものかたにかたよる基金を混合するのは 112.46%に上昇する、開放式の債券のかたの基金はただ(個) 20.92%に上昇する。
2004年 4月は 2005年 6月至るまで市場の下落する相場の中にある、証の指数にあがるのは 42.69%に下落する、開放式の株券のかたの基金は 20.42%に下落する、開放式がもものかたにかたよる基金を混合するのは 17.74%に下落する、開放式の債券のかたの基金はただ 4.79%に下落する。
第二、市場の大勢は表現する。
判断の市場漲ころぶ指標は基準の変化を比較するです。
多数の基金の業績の市場ついてゆくにつれて変化そして変化する、しおは干潮に起きる、水が上がれば船も高くなる。
とても良く基準を比較するを計画し合うことができる、しかも風格の安定な基金を保持するのは良い基金です。
第三、基金の社長の選ぶのももと擇時能力。
だけだ合理的基準を戦勝し比較するのはばかり基金の社長の貢献です。
第四、交易のコストの支配。
毎回交易は 1%が皆有ります。
交易のコスト、これらのコストは基金の資産から引き出そう。
良い基金は操作を減少するなければならない、手の率を引き替えるとして低く投資者の利益を守る、そして良くない基金は頻繁な交易を経た後よくウェブバンドの操作を行う。
手を引き替えるのはひきいること高い、交易のコストは高い。
第五、道徳の危険の防犯。
二は自分を了解しようです。
投資者は自分に対して冷静な認職があるしなければならない、自分の年齢と収入とことができる引き受ける危険と期待の収益などの方面から出発しよう、選択を比較判断するのは自分の製品に適合する。
真っ先に、分散の投資を気をつけよう。
銀行と保険と資本市場の中に合理的な配置が資産を必要とする、の中に一つバスケットに全部の卵に置く要らない。
それから、互いに製品の選択と危険が能力と財テクをうける目標の整合を重視しよう。
若い人に対して、(たとえば経済能力まあまあ )、家庭負担は比較的薄い、株券のかたが基金を選択するしてよろしい;
中年人に対して、収入は比較安定する、しかし比較家庭の責任の重、(投資時なければならなくてに(で)考慮する投資復命する率同時に堅持する穏健な原則 )、危険に分散する、多種類の基金が組み合わせることを試す;
年をとった人に対して、なければならなくて穏健で。「安全と価値保証目的として、貨幣のかたと債券のかたが基金がこれらの安全性が比較的高い製品を選択するしてよろしい。
同時に、長期の目標が長期道具に対応するを気をつけよう、たとえばは老人をいたわり養うこと目的として、指数のかたが基金を選択するなければならない。
第三、優秀な基金が会社の製品を管理するを気をつけ選択しよう。
大会社は良い会社ではない、一部のの小さい会社は同様ずばぬける業績表現がある。
製品を選択するなければならなくて風の格比コウがももを安定し持つ集中度のと (引き替える手ひきいる比較的低くて。「情報透明度比較的高。「重視する投資者教育の基金管理する会社の製品 )。
第四、選択が市にはいる時機を重視しよう。
定刻の定額は一種類の良い投資の策略です、合理的な支配はコストを購入することができる。
(に対して大きいひたいの投資に株券のかたの基金の決定なければならなくて防止するに(で)市場過度炒めつく時策略や方策を決める )。
コンサルタント 求人

Posted in Uncategorized | タグ: , , , | Leave a Comment »

投資

Posted by bloggerjin : 7月 29, 2008

落とし穴の3:長期の資金、短い糸(距離)の商売;株価指数によって上がり下がりして基金のウエーブ・バンドの操作を行います。
情景の1:この基金の膨張した多い、また前の段階の高い場所に帰って、すぐ請け出して、さもなくば間に合いませんでした。
たくさんの投資家の基金を買うお金は長期投資に用いることができるので、もし基金の純価値は膨張するのが多くなって請け出すならば、それではこれらのお金はまたどんな品種を投資しますか?いつ更に市場に入りますか?事実はウエーブ・バンドの操作を行う投資の策略が誤ったとと証明します。
ある基金を例にして、2006年の年初なって、基金の純価値が1.2元を突破した後に、大量の投資家は基金を請け出して、短い糸(距離)は利潤を実現します。しかし請け出して決して純価値の急速に上昇する足並みを妨げなくて、同じく投資家に理解するように強制して、いいえ投資のリスクはもっと大きいです。基金の純価値が1.5元を上回る時、投資家はやっと大量の申購です、中間はすでに0.3元の上げ幅に損害を受けました。この基金の純価値は2006年に6、7月間は段階性の高い場所を達成して、接近します 1.9元、後から来たのが調子に帰ってまた短い糸(距離)の操作の基金の投資家を戦々恐々とさせて、基金の純価値が再度2元の近くの過程の中で反発する時に、大量の資金はこの基金を撤退しました。基金の後から来る態度はしかしきっとこれらの投資家にしきりに後悔させて、2ヶ月の時間にならない内に、基金はまた50%膨張しました。2006年に初めて2007年1月19日まで、この基金の純価値はすでに2倍余り膨張して、もししかし以上のウエーブ・バンドの操作を行うならば、収益率は60%ぐらいだけあるかもしれません。
情景の2:見たところ株価指数は調整して、やはりいくつか請け出して、株価指数は底をうって更に買って帰ってから。
このような基金の投資の策略は見たところ合理的で、しかし投資家は株価指数の動きの能力を予測することがいますか?株価指数はいくら下落して、ようやく株価指数を判断して調整することができて、短期の揺れ動くことではありませんか?
投資家はマクロ経済、政策の走向、市場の資金の需給、企業の利潤などを研究して株価指数の走向の要素に影響する専門の時間、専門の知識がなくて、比較的に正確に株価指数の上がり下がりをも予測することがあり得ません。よく株式市場がすでに比較的に明らかに下落する情況が現れた下に、投資家はようやく株価指数を判断して調整を行うかもしれないことができて、この時に更に請け出して、おそらく個を売ったのが少し低いです。去年7月~8月初め、A株の指数は1700余り時からを引き下げます 1500余り時、市場は深さの調整の段階に入るようで、8月初めに2日間の我が社の管理のある基金に次々と続いてわりに大きい金額の請け出すことが現れて、しかし後に市場は強い勢いについて上昇して、基金の純価値はずっとなくて深い調整が現れます。この資金の請け出す時機はほとんど段階性の最低点です。
株価指数に対する判断によって、ウエーブ・バンドは基金を操作して、成功を勝ち取ることがあり得ないのです。
落とし穴の4:リスクを犯す覚悟に不足して、そろった倉は入って、慌ただしく請け出します。
情景の1:聞くところによると基金はとても金を儲けて、株価指数が膨張したのはどんなに良くて、早く基金を買って、定期預金をすべて出して基金を買うようにしましょう!情況の2:しまった、基金は転んで、もとは基金を買って同じく元手を割ることができ(ありえ)て、やはり請け出すようにしましょう。
基金は株券で投資して、株価が揺れ動くのはわりに大きくて、高い額の収益を持ってくるかもしれなくて、わりに高いリスクをも持ってくるかもしれません。もし通りがけに聞き、行きずりに話すならば、盲目的な投資、特に高収益を求めるため、もとは基金でベンチャー投資の資金の投資を行うことができなくて、必然的にわりに大きいリスクを持ってきます。
2004年の上半期を例にして、その時株式市場はお久しぶりです大幅に上昇する市況が現れて、2003年11月から2004年まで4月間、株価指数は約30%上昇して、たくさんの基金の純価値の上げ幅はわりに大きくて、額面の基金を割っても次から次へとまっすぐな収益を実現しました。基金は売り出して非常に盛んな局面を現して、銀行の入り口で並んで基金を買います。聞いたことの基金が金を儲けるのは多くて、もとが投資を理解しないで、基金の人々を理解しないでも次から次へと預金して回転して基金を買います。多く百億だけ基金は誕生します。結果はそれから市場の深い枚は下落して、投資家が損害を受けるのはきわめて大きくて、大部分の投資家2006年の年初まで才解のカバー。
だから投資家は投資の前に、投資が必ずリスクがあることを知っていなければならなくて、慎重に方策を決めます。
免れます以上に投資の落とし穴のと同時、次に私達も基金を並べて4種類の勝利をもたらす宝物を投資します。
勝利をもたらす宝物の1:自分のリスクの圧力に耐える力と投資の目的によって品種の割合の手配を投資することを行います。
資金は長期にわたりもし使うことができるならば、この資金の損益は自分の生活水準に対して影響していないで、その上主に資産の値上がりする最大の化を求めることに用いて、この資金をすべて株券型あるいは混合型基金に入ることができて、高回報を味方に引き入れます。同一の種類の基金の中で、分散し1~3軒の比較的に優秀な会社で管理する基金の品種をも投資することができて、最も良い投資した基金は投資の策略と品種の上で相違はわりに大きくて、このようにして分散のリスクの作用を果たすことができることができます。もし一部の資金は1-2近く年次例会で使用するならば、資産の損益が揺れ動くのがあまりに大きいことを望まないで、資産は着実に値上がりして満足することができて、上げ幅を求めますとは限らないのが最大で、この資金を主に混合型基金、偏っている借金の基金および債券の基金あるいはそれらの組合せに投資することができて、同時に少量の配置の株券型基金。わりに良い移動性を維持することを望むもしいくつかお金があるならば、受け取ることに便宜を図ることができて、別のいくつかは穏健な値上がりすることを求めることを望んで、貨幣市場の基金、短い借金の基金、債券の基金を投資することができて、株券の基金の割合はわりに低いレベルで制御します。
投資家はリスクの圧力に耐える力と投資の目的によって作り上げて、資産の割合の配置の観念を行って、具体的な割合は手配して、銀行、証券会社と基金の管理会社の投資することに顧問人員を問合せすることができます。
勝利をもたらす宝物の2:投資の管理能力のより強い基金の管理人の管理の業績の比較的に優れている基金を選びます。
前に言ったことがあって、新しい基金、低い純価値の基金が買うのなないでくださいため、通りがけに聞き、行きずりに話すべきでなくて、そんなにどんな基金を買うべきですか?どのように分析に行きますか?肝心な点は2時があります:1つは投資家は自分で基金を関心を持って、理解して、投資家自分に対する銭負責、方策のため、いかなる人はあなたに取って代わって決定に下へ行くことができません。2は基金を選んで主に基金の管理会社とファンド・マネージャーの投資の管理能力を見るので、すぐあなたにお金を儲けるように手伝うことができますか。
投資家はすべて基金の管理会社に行って自ら理解することがあり得ないが、わりに多い方法があなたに判断を行うように助けることができることになおあります。基金と基金の管理会社の情報のルートを理解して何種類以下があります:1つは基金の等級を決める機関、証券が申し込んで、暁の星、銀河証券、はコノテガシワ会社を相手にしてすべて基金を行って等級を決めて、新聞と各機関ウェブサイトの上で探し当てて等級を決めることができます結局;2は基金の管理会社のウェブサイトです;3はインターネットのサーチエンジンの捜索を使って基金、基金会社、に関して管理人員のニュース、情報などを投資するのです;4は銀行、証券会社と基金の管理会社の組織の基金の報告会と会見に注意して参加するのです。
まず、見る値打ちがある基金の管理会社の全体の管理能力、この会社所属の基金は4、5つ星ランクの基金の数量を獲得して、会社は権威のある機関の選出の基金を獲得して管理の方面の賞を投資するかどうか、仲介機構、メディアのこの会社に対する評価、違約行為などが現れるかどうか。その次に、管理能力を選出してより強くて、受賞して多いです、公衆高さ、規則に合う運営の基金の管理会社を評価します後で、その所属の基金の中で星ランクに、純価値の成長率の高さがわりに高いように選び取ってその上持続的に業績の基金をリードすることを維持することができます。ここは注意して、基金は異なっているタイプがあって、同類の基金を比較に行うことしかできません。最後、更にファンド・マネージャーの背景、経歴、以前の業績などを少し理解して、わりに高い素質と豊富な経験を備えるかどうか。
一応いくつ(か)の備選の品種を選出した後に、しばらくの時間を観察することができて、市場の上がり下がりの情況の下で比べてみて、これらの基金は株価指数の上昇・下落幅その他の基金との比較を表現しますとおよび。
もし以上のいくつの歩をするならば、大体において選出して管理能力の強い管理会社の管理の業績の良い基金を投資することができて、投資することができました。
勝利をもたらす宝物の3:長期投資、ウエーブ・バンドの操作を行いません。
長期投資の資金、基金の長期投資を行うべきで、ウエーブ・バンドの操作を行いません。要らないで毎日基金の純価値の上がり下がりに関心を持って、最も多い毎月あるいは四半期一回見ます。半年はあるいは1年勝利をもたらす宝物の2によってすぐに自分で投資したのが“良い基金”ではありませんかを評価します。
基金の管理会社は専門の機関で、市場によって倉の位品種構造を調整することをおよび判断します。基金を買って、専門の事を専門に手渡して機関がしにきて、自分に比べてするのがもっと良いことができ(ありえ)ます。
勝利をもたらす宝物の4:定期的な規定量、ちりも積もれば山となる。
定期的な規定量の投資法は私達に良好な貯金の習慣を身につけるように助けることができて、その上複利の力は巨大で、私達に大量の財産に累積することができます。例えば、私達は毎月2000元の基金を買って20年堅持して、基金の投資の元金は48万元まで累積して、もし私達の選択の基金は20年間平均的に年に収益率は5%まで達成するならば、20年後に基金の純価値の総額は81.まで増加します 94万元;もし私達が基金のレベルを選ぶならばがわりに高くて、年平均8%の仕返しを獲得することができて、20年後に基金の純価値は114.53万元まで増加します。それ以外に、普通の投資家はほとんど正確に市場の上がり下がりを判断することがあり得なくて、そのためもいつ正しいのが基金の時機を買うのなことを判断することができません。定期的な規定量法をとって大いに基金の投資の時機の選ぶリスクを下げることができて、その上引き分けして投資のコストを並べることができて、もっと良い投資を得ます結局。

Posted in Uncategorized | タグ: , , , | Leave a Comment »

現在の投資市場

Posted by bloggerjin : 7月 29, 2008

日本のいくつ(か)のメディアが続々と豊田会社が全世界の生産計画に対して調整を作り出すかもしれないことを報道した後で、《日本経済新聞》ウェブサイトの最新ニュース、豊田はすでにグループの今年の全世界の生産高の目標(含んで会社と日野の自動車の生産高に度を過ごします)を引き下げることを決定して、ここから前の995万台は950万-960万台まで下がりますとも言います。

原油の価格にかなり高い程度を保持されて影響して、米国市場の大規模の車は販売して滑り降りて、豊田会社はすでにしかたなく米国と日本の国内の自動車の生産規模に縮みました。でも、豊田のロシア、ブラジルのなど国での生産と販売の局面は依然として良好なことを維持します。

2002年来、豊田の自動車の全世界の生産高は毎年50万-80万台のスピードで増長しつつあって、2007年の生産高は949.8万台まで達します。今年の生産計画は下がりますが、しかし依然として微弱な増幅で去年の実際的な生産高を上回ります。

豊田が同時に今年の全世界をも引き下げて売って目標を量りますため、その全世界の範囲の内の生産販売量の増長しつつある局面は急ブレーキをかけることに直面しますと報道しています。このような情況の下で、豊田の今年の収益も避けられないで影響を受けます。

営業 求人

金融 求人

Posted in Uncategorized | タグ: , , , | Leave a Comment »